スポンサーリンク

リオ・ブラボーとかいうジョン・ウェインの西部劇

1: 映画好き名無し 2005/12/24(土) 04:00:22 ID:QeYbBvQ6
ハワード・ホークス監督、ジョン・ウェイン主演の
西部劇の傑作

2: 映画好き名無し 2005/12/24(土) 05:04:17 ID:uEvoGkcr
皆殺しのメロディは名曲だな

3: 映画好き名無し 2005/12/24(土) 09:40:57 ID:2/XOuzWZ
真昼の決闘のアンチテーゼとして製作されたことに今更ながら気づいた・・・。

4: 映画好き名無し 2005/12/24(土) 19:43:08 ID:OBOlq9a8
そうそう、「真昼の決闘」を見たジョン・ウェインとハワード・ホークスが
「クーパーの野郎、保安官をこんな情けない男に描きやがって!」
と激怒したらしい。
それで、強くて頼もしく、一般人の力は借りない
保安官の西部劇を作ろいという事で製作されたのが「リオ・ブラボー」だった。
「真昼の決闘」も「リオ・ブラボー」もそれぞれ違った面白さが有って、
どっちも良いと思うけどね。

11: 映画好き名無し 2005/12/25(日) 01:51:53 ID:k6tFVsCi
後世の「爆発する映画」に多大な影響をあたえてる
三人の男が出てきて爆発があるとニヤリとします
ジョーズもこのクチだな
ご丁寧に投げ付けるとこまで同じ

>>4
真実の瞬間にあったように、ジョセフ・ロージーが監督してたら、どんな映画になってのだろうか

5: 映画好き名無し 2005/12/24(土) 21:23:08 ID:oPXrdi8I
西部劇の最高峰だね

8: 映画好き名無し 2005/12/24(土) 21:40:04 ID:UX4oXK+u
歌手が揃ってるんで、皆で歌うシーンがいいね。
でもなぜかウエインは歌わないW

9: 映画好き名無し 2005/12/24(土) 22:46:12 ID:lL9owagg
俺はエルドラドの方が好きだなあ・・・

15: 映画好き名無し 2005/12/25(日) 18:04:30 ID:kkQXuRqK
「皆殺しのメロディ」はこの映画のオリジナルなの?

17: 映画好き名無し 2005/12/25(日) 20:37:07 ID:Xd0NrV5S
>>15
いいえ

22: 映画好き名無し 2005/12/26(月) 18:38:28 ID:BZbGNOw7
>>17

てことは史実でこの演奏があったってこと?

23: 映画好き名無し 2005/12/26(月) 18:58:33 ID:PnfVqGfR
>>22
原曲は「デグエロ」と呼ばれているメキシコの曲。
「アラモ」で描かれていたように、実際(史実として)
アラモ砦を包囲したメキシコ軍が、夜明け前からこの曲を演奏していたそうです。




18: 映画好き名無し 2005/12/25(日) 21:42:09 ID:RTfocbaO
「ライフルとポニーと私」をみんなで歌うことろが特に良かった。
それから、ウォルター・ブレナンね。彼が出ているのと出ていないの
とでは大違いだよ。細かなところでは、ディーン・マーチンとウェインが
酒場に乗り込んで犯人を捜したんだが見つからない。あきらめかけたが
マーチンが天井裏に隠れた犯人を、コップに落ちる血に気づいて、振り向き
ざまに撃ち殺すシーンね。こういうしびれるシーンがいたるところにある。

19: 映画好き名無し 2005/12/25(日) 21:50:02 ID:k6tFVsCi
>>18
>「ライフルとポニーと私」
「スミスさんとウェッソンさんと俺」ってのを思い出した

33: 映画好き名無し 2006/01/11(水) 22:01:30 ID:IZSKeRhN
さすがに古さを感じる。
そもそもホークスの映画で現代に通用するものなんて一本もない。
ジンネマンの真昼の決闘やアルドリッチのヴェラクルスは今でも充分見れる内容なんだが。
古きよき忘れ去られるべき西部劇という感じだな。

34: 映画好き名無し 2006/01/11(水) 22:27:16 ID:7byd9p1v
そうか?
俺は「真昼の決闘」の方が古臭く感じるけどな。
まあ感覚は人それぞれだな。

35: 映画好き名無し 2006/01/11(水) 23:20:12 ID:IZSKeRhN
『昔の映画=単純な勧善懲悪』という偏見があるので、ヒーローがただやられるだけのために出てくる悪役(これは真昼の決闘も同じだけど)を倒すというこの映画はどうしても古臭く見えてしまうんだよね。
今までも嫌というほど作られてきてる映画だけど。

36: 映画好き名無し 2006/01/11(水) 23:43:40 ID:qEkpbSo4
ハワード・ホークスは「ヒズ・ガール・フライデー」とか、西部劇じゃないけど
良いのも結構あるよ。この「ヒズ・・」は「犯罪都市」のリメークだけど
後の、またこれもリメークの「フロント・ページ」との3本の中で一番いい。
西部劇はどうしても「主義」が入るから古くなるんだ。「真昼・・」だって
当時は赤狩りの対象の一番手だったわけだから、ちょっと信じられないよね。
「リオ・ブラボー」も国連の助けを求めないで独自の路線で世界を
守るという意味合いで現在のアメリカのあるべき姿にこじつけること
は可能だろうけど、それ以前にこの映画は娯楽映画としては特筆すべき
一本だと思うけどな。

38: 映画好き名無し 2006/01/11(水) 23:52:29 ID:7byd9p1v
「真昼の決闘」とは、赤狩りの嵐が吹き荒れた
当時のハリウッドを皮肉った作品と言われている。
困り果てた主人公に全く耳を貸さない町の人達は、
当時のハリウッドの状況そのままだと。
そういう意味では、当時の時代が伺えて興味深いが、
映画の面白さという意味では、私は
「リオ・ブラボー」の方に軍配を上げたいね。

「真昼の決闘」も映画の出来としては素晴らしいとは思うが、
どうも今見ると退屈に見えてしまう。
「リオ・ブラボー」は、今日の映画に影響を与えまくっているのは
明白であり、そういう意味で古く見えるという事は有るかもしれないが。

39: 映画好き名無し 2006/01/12(木) 00:07:11 ID:vTWoBDd4
アクションは新しくなれば新しくなるほどすごくなるというのが自分の考え。
だからこの映画は、主人公たちが魅力的なだけのショボいアクション映画にしか見えないんだよね。
ヴェラクルスのレベルのドラマなんて今でも中々ないけど、この程度のストーリーならいくらでもある。
やはり昔の映画は演技はともかく映像としてはショボいから、ドラマとして秀逸なものじゃないと鑑賞に耐えない。
クーパーやランカスターとウェインを較べるとどうしても演技力に差があるというか…。

40: 映画好き名無し 2006/01/12(木) 00:10:13 ID:jV5I5bgT
>主人公たちが魅力的なだけの

っていうか、それがこの映画の一番重要な点だろ。
ただのアクション映画を越えた魅力が有るからこそ、ここまで残ってるんでしょ。
まあ、この映画が嫌いっていうのはもう充分わかったから、
君は来なくていいよw

41: 映画好き名無し 2006/01/12(木) 00:31:56 ID:vYQRulOj
おそらくこの映画が好きな人で、この映画をアクション映画という
ジャンルでくくって見ている人は少ないんじゃないかな。
これはやっぱり西部劇だとしか言いようがないよ。西部劇の好きな人は
ウォルター・ブレナンが出てきただけでうれしいわけですよ。
丁寧に作られたディーテイルの積み重ね、挿話の数々、個々の人物の
キャラクターがいかに立っているか、としてみると、現代からみても
なかなかだと思いますよ。
そもそも、ラストシーンの例の「空から降ってくるストッキング」
が時代を超えて語られるような映画なんてなかなか無い。

54: 映画好き名無し 2006/07/02(日) 17:07:02 ID:ZjUFPlox
じいさんのキャラはいいね
仲間はずれにされて拗ねるところとかかなり好き

57: 映画好き名無し 2006/09/08(金) 04:33:45 ID:XuoMhGkD
アンジー・ディキンソン可愛い

58: 映画好き名無し 2006/09/11(月) 20:42:40 ID:Ydfh0hi4
ケネディの愛人だったからね。

61: 映画好き名無し 2006/11/24(金) 02:09:18 ID:u2DRM7yr
ガキの頃のジョン・カーペンターが映画を意識し始めた作品なんだよな

63: 映画好き名無し 2007/02/10(土) 23:35:12 ID:8yX3bqw1
西部劇と言ったら俺はこれと「シェーン」「ワーロック」「プロフェッショナル」を選ぶよ

83: 映画好き名無し 2008/09/07(日) 19:56:27 ID:opHgrxBt
最後のダイナマイトの所は最高

144: 映画好き名無し 2013/06/16(日) 08:45:34.59 ID:GV06duPH
西部劇としてのアクション、ウェインとアンジーの大人の恋愛、アル中から立ち上がる苦悩、
高齢者の歯がゆさ、劇中音楽…どの要素も最高レヴェルで盛り込まれているこんな映画を
作れるハワード・ホークスって天才だったのですね。

175: 映画好き名無し 2018/09/06(木) 19:14:21.26 ID:/UWpQ6g1
>>144
全く同意
素晴らしい傑作と思う

引用元: ・リオ・ブラボー

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする