スポンサーリンク

海の上のピアニストVS戦場のピアニスト

1: 映画好き名無し 2009/10/01(木) 08:55:16 ID:E6wDpaBl
戦場のピアニストと海の上のピアニスト間違えて買ってしまったよ
でも面白かったね!

2: 映画好き名無し 2009/10/01(木) 10:57:09 ID:Vbr9oe3+
海の上のピアニストは面白い

3: 映画好き名無し 2009/10/01(木) 13:11:34 ID:hwnnWmD3
ピアノがスイスイーって流れるシーン、どうやって撮影したんだ?

4: 映画好き名無し 2009/10/02(金) 11:42:48 ID:Rkru3sjP
海の上のピアニストは、芸術性も高い
ショージャンクと雰囲気は同じで最高
戦場のほうはダルいかもしれない

5: 映画好き名無し 2009/10/02(金) 14:06:33 ID:4gS/aoXC
海の上の~は、ピアノ演奏がいただけないんでは?クラシック映画とえる雰囲気を持つポランスキーのほうが好き
出来栄えは海の上~のが上かもしれないけど。

7: 映画好き名無し 2009/10/02(金) 19:29:51 ID:hNUSOD3W
戦場のピアニスト
ブロディははまり役だったな

10: 映画好き名無し 2009/10/03(土) 00:57:10 ID:Vu9uwiEE
海の上の方、微妙にファンタジーな要素有るよな。
ビッグ・フィッシュ的な

11: 映画好き名無し 2009/10/03(土) 08:17:56 ID:g3E8nV/G
実在した人物を描いた戦場のピアニストには重みがある
海の上のピアニストは実際有り得ない御伽噺で軽く感動に浸る感覚の映画

23: 映画好き名無し 2009/10/06(火) 10:06:02 ID:c3FseueR
戦場のピアニストは飽きないですよ
お勧めの一本

25: 映画好き名無し 2009/10/09(金) 11:44:01 ID:FucwRLgi
戦場のピアニストにおいてドイツ人将校との逸話は重要でないような気がする

26: 映画好き名無し 2009/10/09(金) 14:43:22 ID:HPXhvdf5
物語としては無くても特に問題は無いけど、実話を元にしといてその部分をカットしたら不自然すぎるだろ。

28: 映画好き名無し 2009/10/09(金) 18:39:12 ID:MV0dn0kT
ホーゼンフェルト大尉は善意ある人だったが
映画では虫のいい男のように描かれていた。
何も助けてくれたドイツ兵まで悪く描く必要性があったのだろうか疑問
映画は真実で表現してほしいかったが・・・そこだけが残念で別に感動の
友情物語にしても良かったと思う。
どうも反ナチ映画は極端すぎて好きになれない。




30: 映画好き名無し 2009/10/10(土) 14:04:32 ID:DndpFvGQ
どうしてこういう映画が少ないのでしょうね
ヒューマニズムに訴えかける素晴らしい映画とはこの2本と言えます
ただ「海の上」のほうはジャズ映画とも表現していいでしょう

31: 映画好き名無し 2009/10/11(日) 04:01:42 ID:nlnq8oKS
ナチの映画では「シンドラーのリスト」
の次にいい映画だった
ナチの題材のは面白いが
あまりユダヤ人美化はくどすぎると
感にさわってくる

34: 映画好き名無し 2009/10/12(月) 00:32:54 ID:hKKO8l39
どちらも感動作
「戦場の~」はナチス兵とユダヤ人の友情物語にすれば感動も増したはず。
それではいけなかったのか?ナチス兵は命乞いまで~あれでは敗戦寸前に自分が助かりたいから
イヤイヤ利用するために助けたと思われても仕方ない。これは決定的なミスだった。

35: 映画好き名無し 2009/10/12(月) 07:18:37 ID:nHCphJ/L
そういう風に受け取る奴がいることに驚くのだが

37: 映画好き名無し 2009/10/14(水) 18:03:25 ID:xHJjKfmr
どちらも主演者がピタリとハマってた。

38: 映画好き名無し 2009/10/16(金) 05:07:32 ID:6NeI+RIa
最後ドイツ軍将校助かってラジオ聞いて感動とかに持ってかなかったのが余計に感動した
ピアノ弾けと命令されて弾きながら徐々に力強くなっていくシーンで泣いた

39: 映画好き名無し 2009/10/18(日) 17:44:24 ID:B4c1Ckz2
海の上のピアニストのが楽しめるぞ
凝った撮り方にしてはすごくわかりやすくていい

42: 映画好き名無し 2009/10/23(金) 19:18:22 ID:iDuDSXF6
海の上のピアニストの邦版サントラにマジックワルツが入ってないのは理解に苦しむ

45: 映画好き名無し 2009/10/24(土) 19:08:10 ID:Po970KPc
>>42
モートンとの対決の曲も全部いれてほしかったな

48: 映画好き名無し 2009/11/26(木) 23:03:09 ID:4rOoFDh8
戦場~はほんと納得のいかない映画だわ。
ヒューマニズムとリアリズムのどちらを見せたいのかはっきりしない。
ドイツの将校に命乞いさせる必要があったのか?
そこでしらけた人多いだろ。

戦後収容所で死んだみたいだしシュピルマンが悪い奴に見えたわw

56: 映画好き名無し 2010/01/10(日) 23:54:03 ID:f85Is/fP
海の上のピアニストは泣いた
あんな激しい死に方じゃなくても
一般的幸福よりも自分を貫くこをと選んで生を閉じていく人は彼と同じだ

59: 映画好き名無し 2010/04/24(土) 07:28:47 ID:FoLNLBSZ
ホーゼンフェルト大尉の命乞いって史実なのかな?
事実でないなら故人に対しての侮辱だよなぁ。

戦争映画のバランスとしてはあの命乞いは優れたシーンだとは思うが。

60: 映画好き名無し 2010/05/04(火) 03:28:28 ID:i1UIFNii
アレの何処が侮辱になるのか、お前のその感性が理解出来ん。

63: 映画好き名無し 2010/07/22(木) 19:15:32 ID:yBXZSCle
戦場のピアニストが良かった(というべきか?)
久し振りに何かこう心が動いた
ドイツ・ポーランド・ゲットー・ユダヤ人・アウシュビッツ・ホロコースト
改めて色々な事を調べてみた・・・

64: 映画好き名無し 2010/07/27(火) 02:01:47 ID:H/nFv2mI
ナチの将校だからって悪党に描いては台無し
インディアン映画みたいな身勝手さがあった。




69: 映画好き名無し 2010/10/11(月) 10:39:49 ID:pi9uRoiA
シリーズ物かと思っちゃったじゃねーか

海の方だけ見たけどラストの爆発で錨が飛んでくるのは余計

71: 映画好き名無し 2010/10/18(月) 23:28:00 ID:wOATN/B1
戦場のピアニストで主人公が最後に弾く曲の名前分かる方居ますか?
ずーっと前から気になってます。

73: 映画好き名無し 2010/10/19(火) 00:29:36 ID:s1jprBH7
>>71
ChopinのGrande Polonaise Brillante In E-Flat, Molto Allegro, Op.22
サントラに入ってる
華麗なるプロポーズって曲名

75: 映画好き名無し 2010/10/19(火) 12:38:07 ID:AJl5ZE+J
>>73
さりげに嘘混ぜてんじゃねえw
騙されるなよ>>71華麗なる大ポロネーズだ

76: 映画好き名無し 2010/10/19(火) 15:17:05 ID:hGoQhY0k
>>73 >>75
ありがとうございました。
聞いたことはある曲名なのでさすがに
「華麗なるプロポーズ」では騙されません。
しかし、感謝。

108: 映画好き名無し 2012/01/26(木) 20:07:36.29 ID:fwySoGtp
俺は戦ピアの方が良かったなぁ。
キュラメルを皆で分けあうシーンとか悲しかったな。

109: 映画好き名無し 2012/02/02(木) 20:52:33.69 ID:I12O5uRj
どちらもヒューマニズムの傑作
海の上の~はめったに見られない名作だった

112: 映画好き名無し 2012/02/29(水) 23:01:23.91 ID:RhF7n2Kf
戦ピアGyaO!で視ました
主人公ピアノ弾いただけで何もしてないね
感情を表さないし行動も逃げただけでほかはしていない
でも2時間28分飽きなかった
蝋紙に包んだジャムがうまそうだった

113: 映画好き名無し 2012/03/02(金) 18:50:49.21 ID:Yn7SjpS6
うん、確かに武器を取って戦ったわけじゃなし
自分だけ逃げちゃったという気もする。
蜂起に参加して奇跡的に脱出に成功して・・という話ならもっと感動なんだけどねw

114: 映画好き名無し 2012/03/11(日) 11:59:38.13 ID:ZyV4/PWR
無力だからこそ感動出来たと思うけどな。抵抗して戦って~ってのは他にいくらでもありそうだし
そもそもこれ実話でしょ?

115: 映画好き名無し 2012/03/12(月) 00:27:51.11 ID:85BcCXDb
>>無力だからこそ感動出来たと思うけどな。抵抗して戦って~ってのは他にいくらでもありそうだし

ユダヤ人に関しては、まったくの逆でしょ。
ワルシャワ・ゲットーの蜂起は、ユダヤ人による抵抗運動としては唯一名称として残った
組織的抵抗運動だったから。
だからこそ画期的、かつ貴重な出来事で、ユダヤ人にも武装して戦う能力があった、
無抵抗なままだったわけではないということ証明したとして、戦後イスラエルでは
お手本、英雄的行為とされた。
そこが舞台になってるわけだから当然このピアニストも・・と思っていたらw
90%のユダヤ人が非抵抗組だったんだよ。

116: 映画好き名無し 2012/03/24(土) 23:05:57.66 ID:ipG+Nyja
おれは好きだよ
何回も観たわ

136: 映画好き名無し 2012/12/06(木) 06:03:55.21 ID:sOtY29sl
海の上のピアニストは10年に一度の名作と思ってる。すごいよく出来た映画だと感心する。

145: 映画好き名無し 2013/11/22(金) 18:01:48.37 ID:QMiqj9rF
見る人の感性や人生経験なんかによって感想が変わりそうな2作品だけども

「海の上」はある意味では童話であり、ファンタジーなんだよ
純粋に音楽を楽しむもよし、痛快さと物悲しさの繰り返しを楽しむもよし
自分の境遇と照らし合わせてみて、無限というものに希望を抱くか恐れるか
考えるキッカケをくれる映画とも言える

「戦場の」は偉人伝であって、ご本人の生き様をそのまんま描いてるから
ここをこうしたらもっとおもしろかったんじゃないの?なんてことを言い出したら
脚色の濃い娯楽映画になってしまうのでNGだろう

ウワディクの人生は無限の可能性を信じたからこそハッピーエンドになってるし
選択の違いを比べて見てみるのもおもしろいかもしれない
つーか「海の上」完全版BD出してくれ…

148: 映画好き名無し 2014/02/16(日) 20:28:52.06 ID:Dt6hiBPf
海の上はあのラストの長い感傷シーンに乗れるかどうかで評価が割れるのかな
オレはとうとう乗れなかった、でなんだこれって思った

149: 映画好き名無し 2014/02/21(金) 23:28:54.02 ID:Gw4jLInZ
>>148
あれは意味としては同じモリコーネ音楽の「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」の
ラストのヌードルスとマックスの友人同士の邂逅と同じなんだろうな。どっちの映画も
レイモンド・チャンドラーの「長いお別れ」の影響があると思うんだけど。

ジュゼッペさんはニュー・シネマ・パラダイスも「ワンス・アポン~」のノスタルジアの影響
が色濃いと思うけどね。

最後のロジャー・ウォーターズの歌がいい

156: 映画好き名無し 2014/08/29(金) 12:56:29.69 ID:ZAv4nruO
>>148
それはあるかもな
まぁおれは途中も十分楽しめたし最後も乗れたので名作といえる


引用元: ・海の上のピアニスト★戦場のピアニスト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする