スポンサーリンク

Amazonプライムビデオで見られるB級おバカ映画3選

動画配信サービス『Amazonプライムビデオ』。
私も愛用しているのですが一つ不満が…、「メジャーで王道な作品が多い…、B級要素がもっと欲しい…」。
そんな不満を抱いてる方へ『Amazonプライムビデオ』で厳選したおバカ映画をご紹介します!


『クレイジー・パーティー(2016)』

主演は『ズートピア』でアカギツネのニックの声を担当したジェイソン・ベイトマン。

クリスマスが間近に迫ったある日。ゼノテック社のシカゴ支社長クレイは、姉であり上司のキャロルからシカゴ支社の業績不振について指摘されます。彼女はさらにシカゴ支社の業績が回復しない場合は、部下のリストラや恒例のクリスマスパーティーの中止を実行すると宣言。追い詰めれたクレイは大手クライアントとの取引を成功させることを決意します。
そして彼は、中止を宣言されてしまったクリスマスパーティーと大手クライアントの歓迎会を兼ねたパーティーを催すのですが…。

『ハングオーバー』などを彷彿とさせるハチャメチャなおバカさ、しかしながらストーリー上の伏線はきちっと回収していく痛快なテンポが魅力的な一作です!

『タッカーとデイル(2010)』

カナダとアメリカの合作映画。様々なホラー映画のパロディが詰め込まれたコメディ映画です。

性格は良いが見た目がサイコパスな中年男タッカーとデイル。彼らは念願の夢だった二人の別荘をようやく手に入れます。しかしその別荘は、80年代スプラッター映画の殺人鬼たちが住処にしていそうな廃屋同然のぼろ屋でした…。
一方、近くのキャンプ場に向かっていた大学生らは道中で不気味な雰囲気を放つタッカーとデイルに遭遇。
大学生グループはとある事件からタッカーとデイルを冷酷な殺人鬼だと勘違いしてしまいます。
タッカーとデイルはもちろん手を下してはいないのですが、なぜか不幸な偶然が重なりどんどんと死者が続出…。大学生たちはタッカーとデイルの撃退を決意するのですが…。

大学生たちの思い込みや不幸な偶然から、殺人鬼はいないのにどんどん人が死んでいきます。不幸な大学生たちの死にっぷりは最早“痛快”の一言です(笑)『13日の金曜日』や『悪魔のいけにえ』がお好きな方におススメです。





『ビール・フェスタ〜世界対抗・一気飲み選手権』

オクトーバーフェストの影で行われている世界各国の酒飲みたちがその飲みっぷりを競う『ビール・フェスタ〜世界対抗・一気飲み選手権』をめぐるアルコール度高めのコメディ映画。

愛する祖父を失ったウルフハウス兄弟は、一族の習わしで遺灰をドイツにまで運ぶこととなります。ちょうどドイツではオクトーバーフェストが催されていたのですがウルフハウス兄弟は会場でもめ事を起こしてしまいます…。
そんな最中謎の人物に出会った彼らは、秘密裏に行われている『ビール・フェスタ〜世界対抗・一気飲み選手権』の会場に導かれます。
世界各国の酒飲みが好きなだけビールを流し込む、という夢のような光景に酒好きの彼らは感動するのですが優勝候補のドイツチームと彼らウルフハウス一家との間には古くからの因縁がある事が判ります。大好きな曾祖母を「娼婦」となじられた兄弟は一気飲み勝負を挑みますが惨敗…。
アメリカに帰国した彼らはリベンジを誓い、仲間集めに奔走するのですが…。

とにかく飲酒シーンばかり(笑)思わずビールをグイっと行きたくなるので断酒している方は絶対観ないでください!


まとめ

以上、『Amazonプライムビデオ』で視聴可能なおバカB級映画を三本ご紹介いたしました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする